首イボの対策・「アプリアージュオイル」

肌の乾燥や紫外線攻撃によって、各種肌荒れを起こすことになり、首イボなどの原因にもなります。
そこで首イボの対策のためにはざらざら肌を改善する必要があり、乾燥や紫外線から続けることも重要です。
そこで南フランスの豊かな大地で栄養タップリに栽培された杏仁オイルとして要る「アプリアージュオイル」。
杏仁オイルの脂肪酸を肌に貼るため、乾燥や紫外線から肌を守ってもらえる。
傷んでしまった肌は角質層が肌にふたをする役割が果たせなくなるため、水分はジャンジャン蒸発してしまう。
しかし杏仁オイルの油分がふたをするため潤いを逃がさず、それによって角質層も整い紫外線から肌をしっかり守ることができるようになるのです。
杏仁オイルにおいて掛かる脂肪酸には、赤ちゃんに豊富に含まれている若さの脂肪酸とも言われているパルミトレイン酸が含有しています。
そして肌の潤いと柔らかさにはたらくステアリン酸や健全な肌をつくるビタミンAのサポートをするパルミチン酸。
皮膚角質から水分蒸発を和らげ、肌の保湿を高めて肌を続ける働きがあるリノール酸や、我々の肌に実に手広く含まれている馴染みの喜ばしいオレイン酸などが含有。
これらのオイル成分が豊富に含まれている「アプリアージュオイル」は、若く美しい肌を奪い返すことができるのです。
他にも「アプリアージュオイル」には、ざらざらを滑らかにできるヨクイニンも配合。
また皮膚の交代を正常にする植物性スクワラン、抗酸化パワーのおっきいキャロットオイル、保湿効果の高いホホバオイル、美肌効果の高いカンゾウエキス、肌の若返り効果の高い天然ビタミンEも配合。
すべて天然素材を使用し、無着色、無香料、パラベンフリー、界面活性剤フリーにもこだわっている。
また南フランス産の杏にこだわった原料は、低温圧搾一番搾りにという有効成分を壊さない製法にも拘りました。
高温加工の安価なものは重要な成分が壊れてしまうことから、希少な低温圧縮にこだわったのです。
そして夜肌に塗りつけると朝までじっと潤いが続きますが、べとつきはかなりありません。
ざらざらを見直し首イボの対策にもおすすめの「アプリアージュオイル」は、肌を続ける、浸す、ザラザラを改善・予防するという働きが共々実感できるのです。参照サイト